初恋の残り香

  • ソフィー・ペンブローク/御茶まちこ

  • ハーレクイン

名門アシュトン家の長男との結婚式を数日後に控えたセアの前に、8年間一度たりとて忘れることのなかった初恋の人ジークが再び現れた。大人になった彼の色香に、そして彼が向けてくる意味深な強い視線にセアの心が騒ぐ。ジークもまたアシュトン家の後継者候補だったが、父親と折り合いが悪くなり家を出た。当時セアも一緒に来てほしいと言われたが、やむにやまれぬ事情との板挟みになり断ったのだった。なぜ今なの? 私はもうあなたに心惹かれてはいけない身なのに。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持