蜜色バンビーノ

  • 相田早智子

  • 竹書房

「私たち、そろそろしていい頃だと思うの。」執事の蓮とその家の令嬢、琴音は将来を誓いあった仲。しかしそれは、幼い頃の約束で、20歳に成長した蓮は、毎日のように誘いをかけてくる琴音に対して、執事としての姿勢を崩さず、そっけない態度をとるようになっていた。そんな時、琴音に大企業の若社長との婚約話が持ち上がる。引き止めて欲しいと願う琴音だが、蓮は……。相手を想うからこそ、すれ違う気持ち。ふたりの恋のゆくえは?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持