バシリスの娘

  • さいとうちほ

  • 小学館

  • ※こちらの作品はアプリでご覧になれます。

1925年。翠川子爵の駿馬・バシリスは気難しく、子爵の使用人の娘・もみじしか乗りこなせない。もみじは、いつしか子爵の甥・淡と愛し合うように・・・。だが、子爵は、もみじを妾にしようとする。阻止するため、バシリスを駆る炎。だが途中で落馬し、命を落とす。そして時は流れ・・・。愛のネオ・ロマネスク、第1巻。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持