エンジェルリップ

  • あらいきよこ

  • 小学館

みきなのお父さんはモデルクラブの社長。みきなも小さい頃は売れっ子の子供モデルでした。だけど、ある事件がきっかけでカメラ恐怖症になってしまい、モデルを続けられなくなってしまったのです。それから10年、一流だったお父さんの会社も今はすっかり経営不振。なんとかしたいと思うみきなですが、未だにカメラ嫌いは直っていません。
そんな時、仲良しの華おばあさんから、つければきれいになれるという幻のエンジェルリップの話を聞きます。冗談だと思っていたみきなですが、ある日みきなのもとへ羽根のついたリップが送られてきます。半信半疑に、みきながそれを使ってみると…!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持