追憶

  • サラ・クレイヴン・塩森恵子

  • ハーレクイン

ライアンが町に戻ってきたと知りジャナは動揺した。16歳の頃、ライアンに想いを募らせたジャナは衝動のまま彼を求めた。ところが彼のおじに見つかり、その剣幕に怯えたジャナは「ライアンに誘われたの」と嘘をついてしまったのだ。彼は勘当され町を去った。それからジャナは彼の人生を壊してしまったと自らを罰し、自分を抑えて暮らしてきた。再会したライアンに見つめられ、ジャナの胸は締めつけられる。ダメ。私にはもう彼を愛する資格なんてないのに――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持