劫火の教典

  • 伊勢ともか

  • 小学館

  • ※こちらの作品はアプリでご覧になれます。

考古学者・軽井沢浩二は実直な男だった。大学で教鞭をとりつつガソリンスタンドのアルバイトもこなし、日々を愛する妻と子の為に費やしていた。妻から第二子の妊娠を告げられ、来たる出費に不安を覚えつつも幸せな日々を過ごす軽井沢だったが、そんな彼に不幸が突然訪れる。研究成果の不振を理由とした、実質の解雇通告。家族に相談もできず途方に暮れる軽井沢のもとに、一人の女学生が訪ねてくる。悩める軽井沢に対し「先生に資金援助ができる」と言う彼女は、さらにこう続けた。「光光会って知ってますか?」

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持