養護施設を追われた子ども~雄星の物語~

  • 榎本由美

  • 小学館

  • ※こちらの作品はアプリでご覧になれます。

アンタは、うちの子じゃない。赤の他人よ!継母の無情な一言が8歳の男児の心を引き裂く!! 小学2年生の沖田雄星は、両親が離婚、父と2歳年下の弟・真也と暮らしていたが、父の再婚により新しい母・美咲を迎える。間もなく赤ちゃんが生まれるも育児ストレスを抱える美咲は二人の養子を邪険にする。雄星が祖母と連絡を取りランドセルを買ってもらったことで母子の溝はさらに広がり、美咲は、父の不在時に雄星たちに暴力を振るう。美咲は、雄星の就寝中にに唾液を採取、DNA鑑定を業者に依頼した結果、雄星だけが家族全員との血縁関係を否定された。雄星は父の前妻と別の男の間にできた子供だった。これまで信じていた家族から冷たい視線を投げつけられ弟にすらそっぽを向かれ、雄星はショックのあまり心を閉ざしてしまうが…。「児童養護施設の子供たち」で衝撃を与えた著者が描く里親シリーズ第3弾!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持