どうしようもない僕とキスしよう【マイクロ】

  • 北川みゆき

  • 小学館

  • ※こちらの作品はアプリでご覧になれます。

彼女は言った。「キスをしないなら いいよ」会社の同期の宮野藍と酔った勢いでホテルへ……。 その場限り、よくあるパターンのはずだった。けれど、彼女を知るたびに深みにはまる。彼女は一体、何者なのか……? セフレ、幼なじみ、ケンカ友達、そして弟ーーーひとりの女と4人の男、愛と官能の恋愛劇が始まるーーー!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持