死にあるき

  • 了子

  • 小学館

  • ※こちらの作品はアプリでご覧になれます。

変死した資産家・黒須時宗。その死をきっかけに、一同に会した家族達であったが、そこに現れた警察官は、殺人を疑い取り調べを始める。一番最初に疑われたのは、黒須家の養女であり第一発見者の朱鷺子であった。養父の死にも動じぬ朱鷺子。皆の疑いが彼女に注がれる中、第2の変死が起きてしまう………昔からそうだった。
彼女の、朱鷺子の周りでは、人が良く死ぬ。朱鷺子の周囲で起きる不審な死の連続。何故”死”は連続するのか?何故彼女の周囲でばかり”死”が起きるのか?
謎と恐怖が散りばめられた俊英の怪作、第1巻です。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持