コーヒーとボク 漫画家に挫折したボクが22歳で起業してコーヒー屋になるまで

  • 相原民人

  • 双葉社

著者相原民人は、実はマンガ家相原コージの息子。 父のようにマンガ家を目指していたがうまくいかない…。そんな中、ある一杯のコーヒーを飲んだことで、その味に衝撃を受け、バリスタを目指すことに!このお話は、どこにでもいそうな一人の青年の煩悶と、夢の実現へ受けて仲間たちと悪戦苦闘する青春実録である。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持