手のひらの温度

  • シノキ垰

  • ふゅーじょんぷろだくと

【1800日、身体をウリ続けた男娼。生まれて初めて恋をする】純粋で男前な大学生×臆病なウリセンボーイ。幸せを諦めていた男の前に現れたのはまっすぐで温かい人だった。対照的な2人が織りなす不器用で心温まるラブストーリー。――"じっくり、ゆっくり、アンダンテな恋模様"友人の借金返済のためファッションヘルスで働く光馬(こうま)。ある日、繁華街で酔っ払いに絡まれていると通りすがりの大学生・涼(りょう)に助けられる。純朴な涼をからかうつもりでキスをしたら惚れてしまったと告白された。お金で偽りの幸せを買う相手ばかりと接してきた光馬にとって、素直でピュアな涼は眩しく映る。住む世界が違うと思いながらも光馬はどんどん惹かれていく。光と影、正反対の2人が紡ぐ心に響くボーイズラブ。読み応えたっぷりの著者渾身のデビュー作。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持