冬の春売り

  • 飯田耕一郎

  • ゴマブックス

わりきってしまえば自らの肉体を売ることだってできる……。わりきれば感じることだってできる……。そう思っていたはずだった……。精神と肉体のバランスを崩しながらも、都会の中でしたたかに生き抜く男と女たち。飯田耕一郎が描く、愛と孤独が濃縮された傑作短編集をご覧あれ!
【目次】
「冬の春売り」
「独覚」
「脱・物語」
「日出尾の天子」
「狂い咲き物語」
「全調書」
「卵想」
「健康骨」
「その日、三輪車」

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持