真実は残酷に

  • ケイト・ウォーカー/河村恵利

  • ハーレクイン

父が勤める会社の創業者一族の御曹子チェーザレに、メガンは幼い頃からずっと憧れていた。もう私は21歳なのよ。新年パーティーで想いを伝えると、優しくはあるが断固として拒まれてしまう。彼にとって私は、永久に妹のようなものなんだわ。メガンは恋心を絶つ決心をする。しかし、大学を卒業してロンドンに帰ってきた彼女に、チェーザレは大人になるまで待っていたと言って結婚を申し込んできた。妻になんてなれない――あなたを忘れるために私は…!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持