燈火の夜には 【単話売】

  • 笹木阿弓

  • 宙出版

家族にあいさつに行きたいと何度も言う恋人。だけど私の実家には、一度は家族を捨てまた戻ってきた父が居る。父への許せない想いと、幼いころの幸せな記憶の中で揺れる私は…!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持