夜を灯して

  • 西造・世叛

  • 興陽館

ねえ君は、こんな世界に生まれてきたい、と思うかい。 「私は、人間を作りたいんだ。」地下室で、失った娘に変わる“なにか”を作り続ける博士は、やがて地上世界の狂気に呑み込まれていく。『夜を灯して』より 自死した少女が目覚めたときそこには懐かしい目をした少年が佇んでいた。少女は、やがて、自らたった命の意味を知ることになる。『ゆめのうらがわ』より 大人気『遠くの日には青く』(1200万ダウンロードcomico・一迅社)で鮮烈デビューした次世代ファンタジー作家、西造+世叛。新作書下ろし『夜を灯して』など、5つの物語、初書籍化。美しく輝く出す、喪失と光芒に彩られた悲しみの異世界ストーリ―。※こちらの書籍には、2015年12月発売の電子書籍『ゆめのうらがわ』に掲載された4編が含まれております。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持