桜奉行 遠山金四郎

  • 東史朗・ももなり高

  • ゴマブックス

「この桜吹雪が見えねぇか!!」
名奉行といわれた金四郎景元の活躍を描く痛快時代劇!!
遠山金四郎(とおやま きんしろう)  
1793(寛政5)年~1855(安政2)年。
遠山金四郎は江戸時代の旗本で、天保年間に江戸北町奉行、大目付、後に南町奉行を務めた実在の人物で、名奉行として知られ、法名は遠山景元(かげもと)といい金四郎は通称である。
TV時代劇「遠山の金さん」や「江戸を斬る」等の、桜吹雪の刺青を背中に入れた威勢のいい啖呵をきり、事件を解決する主人公のモデルとしても知られている。
住居は、現在の東京都港区新橋4丁目にあったといわれ、墓所は東京都豊島区巣鴨五丁目の本妙寺にある。
金四郎の代名詞ともなっている、背中の桜吹雪の刺青は、文献等に明記されたものはなく、その真意は定かではない。
〇この作品は実在の人物・遠山景元を基に創作したフィクションです。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持