魔の断片 黒い鳥

  • 伊藤潤二

  • 朝日新聞出版

山で遭難した森口四郎は足を骨折し身動きもとれぬまま実に1か月もの間、山中で生き延びた。身寄りのない森口を見舞う発見者の久米は病室で「今夜ここに泊まってほしい」と頼まれる。ただならぬ様子に応じた久米は、その晩病室で森口に口づけする不思議な女を目にする―――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持