たつめ神龍記

  • はしもと榊

  • 朝日新聞出版

時は平安末期、京に現れた妖怪たちの群れ。その妖怪たちと戦う一人の少女。少女の名はたつめ。たつめの右手には竜が潜み、この竜とともに妖怪と戦う運命を背負う。このたつめを助ける男、源義経。二人の運命やいかに。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持