脱走兵のいる家(伊藤潤二コレクション 52)

  • 伊藤潤二

  • 朝日新聞出版

阿寺の家の土蔵には友人の古川が脱走兵として匿われていた。しかし戦争は8年も前に終わっている。実は阿寺は復讐のため、いまだ戦争が続いていることにして古川を束縛し続けていたのだ。そして花火大会の夜、空襲のふりをして古川を驚かせようとする阿寺だったが……。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持