独眼探偵

  • 横山まさみち

  • ゴマブックス

元警視庁の刑事・秋月正雄は、汚職事件を捜査中に母親を殺され、自身も片目を失った。刑事を辞めて探偵となった正雄は、世の巨悪と闘う鬼となった。明晰な頭脳と冷静な推理で悪を追い詰める彼を、人は独眼探偵と呼ぶ――――。
横山まさみちが描く伝説のハードボイルド巨編、ここに登場!
目次
プロローグ
第一章 にせもの
第二章 鉄のパンチ
第三章 黒い長い道
第四章 群狼の中へ
第五章 待ち伏せ
第六章 どたんば作戦
第七章 危機一髪
第八章 めくら射ち
エピローグ

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持