白い世界(蔵六の奇病より)

  • 日野日出志

  • ゴマブックス

雪が降り続く人里離れた山の中に、ユキは祖母と二人で住んでいた。母親は町に出て働いていたが、ある日置き手紙を残して出ていってしまう。
年老いた祖母は、自分がいなくなったら・・・と孫の行く末を案じていた。しかし慎ましく暮らす二人に、悲劇は迫っていたのだった・・・
単話配信。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持