シロがいて

  • 西炯子

  • 小学館

西炯子が鋭く描く、猫と家族のヒストリー。
「そのネコの記憶は 父が35年ローンで東京郊外に建てた家から始まる」
ある、四人家族の長男・航(わたる)が拾ってきたシロめぐって綴られていく家族の物語。
成長する子どもたち そして家族は 少しずつ形をかえていくーー
ひりひりするようなリアルを含んで1話1話展開されていく、よみきり連作集。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持