官能小説

  • 藤井みつる

  • 小学館

経理部で小局olと呼ばれている彩。真面目ゆえ敬遠されているが、自分にも他人にも平等に厳しい。ある日彩は6歳年下のイマイチさえない営業マン椎野の秘密を偶然知ってしまう。その可愛い顔に似合わず、なんと彼はエロ小説作家だった!しかも彩に好意を抱いているようで…!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持