のんのんばあとオレ

  • 水木しげる

  • 講談社

遠い昔…そこに夢の楽園があった―――。 「美和」が売られて行く夜、亡くなった美和のお母さんが美しい火の玉になっておくり出した…。目に見えなくとも何かいる…。著者の原体験を描く感動の少年時代。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持