二十四時間そばにいて

  • レベッカ・ウインターズ・太田早紀

  • ハーレクイン

1か月前から、ストーカーに脅迫されているブリットは心底怯えていた。犯人に諦めさせようと、自分が結婚したと嘘の知らせを送ったところ、それが犯人の気持ちを逆撫でしてしまったのか、最後に来た手紙は、彼女の死をほのめかすものだった。恐怖におののいた彼女は、私立探偵のローマンに助けを求めた。長年の勘で、彼には彼女に迫る危険がわかった。ローマンはブリットにひとつの提案をする。「僕があなたの夫になる」警護のためとはいえ、本当に結婚を…!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持