光のメゾン

  • 矢島光

  • 講談社

幼い頃、帰りが遅い両親を1人寂しく待つ千(せん)に突然射したオレンジ色の温かな光。それはうちにいなよと手を差し出した燦(さん)だった。
息ピッタリの2人はファッションデザイナーを目指して一緒に服を作り、同じファッションブランドに入社。
そんな2人とは真逆に1人で海外でファッションデザイナーとして活躍後入社した市(いち)。異色の3人がファッション業界の頂点を目指す、夢追い物語。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持