としをとるのは素敵なこと

  • 有我すずな

  • イースト・プレス

萩尾望都先生ご推薦!
年齢を重ねて見えてきた、人生の楽しみ方。
50歳を迎えた著者が、ある日直面した“老化”。
老眼、白髪、更年期障害、変化する人間関係…などなど、体から心まであらゆる角度から自身の加齢と向き合い感じたこと。そして得たもの。
誰にでもやってくる“加齢”に向き合った日々を、明るくほのぼのした筆致で描くコミックエッセイ。
読み終えた後には心が少し軽くなる、そんな1冊です。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持