美醜のリベンジ

  • 白湯

  • ソルマーレ編集部

「可愛くはないよなぁ」
それが男から見た「私」の評価。
いたずらに発せられたその言葉は、当時12歳の私を傷つけるのに十分だった。そして35歳になった今、私はすっかり男性不信になっていた。愛し、愛されたいのに気持ち悪く感じてしまう。このままでは結婚なんて夢のまた夢だ。そんなある日、かつて私にトラウマを植え付けた男・廣田と再会した。久々に見た彼は結婚し、子供を持ち、幸せに過ごしていた。私はお前のせいでこんなに苦しんでいるのに。お前だけ幸せになっているなんてズルい。私はこの人を傷つけたい――。【恋するソワレ+】

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持