夜凪さんのよなよな餃子【単話版】

  • 勘米良優助

  • 芳文社

残業帰り、夜道をぐったり歩いていると、ぼんやりとした灯りが目の前に。「餃子屋さん…こんな店あったんだ」カウンターのみ、古民家風の狭い店内。そこで待っているのは、スペシャルな餃子の数々と、美味しいお酒、そして素敵な店長・夜凪さん。特別なひと時を、あなたにお届けします!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持