やわらかな命日

  • はにみ

  • 一迅社

「なあんでハムスターなんて持ってくるかなあ。どうせすぐ死ぬのに。」小学生のころ、周りに合わせたつもりで言った言葉。何かを間違ってしまった気がして、ずっと心のどこかに刺さっている。そんな違和感も見ないようにすればいつかは消える…そう思っていたある日、かつての同級生・更紗が現れて「死んだから、ハムスター。」と告げられた。過去を弔うことで前に歩いていく少女たちを描いた表題作の「やわらかな命日」他、不戦敗な想いを抱き続ける少女の話「うたかた戦争」、初公開の百合姫コミック大賞 翡翠賞受賞作「まだ春じゃないのに」など、6つの物語を収録。ほろ苦くて優しい、切実な少女たちの物語。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持