薔薇のティアラ〈女神の息子I〉

  • 真崎春望

  • ハーレクイン

美しく薔薇が咲き誇る王国-リースセンブルク。クリスは王立図書館の司書として、女神と呼ばれた前王妃のメモリアルブック編集に携わっていた。そこへ協力を申し出てきたのは、次期国王と目されるプリンス・ミハイル。「勘違いしてはだめ…住む世界が違うんだから」。そう思いながらも、誇り高く使命感に満ちたミハイルの魅力に心奪われてしまったクリスは---⁉※本作品は提供元が宙出版からハーレクインコミックスに変更になりました。本編に変更はないので、重複購入にご注意ください。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持