Love Jossie 俺が一番泣かせてあげる

  • 花李くる実

  • 白泉社

実の兄への叶わない想いを抱いていた小梅に「そんな君が大嫌いだった」と近づいてきた幼なじみの陸。彼の「俺をお兄ちゃんだと思ったらいい」という言葉に反発しながらも、陸に抱かれる日々を送っていた小梅だが、ショックだった兄の結婚生活の衝撃もだんだんやわらいでいき、陸との繋がりが本当にセックスだけなのか、自分の気持ちに自信が持てなくなっていた。そんなある日「やっぱり彼氏とのhはいい」という同僚の言葉を聞き、小梅は陸の気持ちを知りたくなったけれど…? 伝わらない・伝えられない愛を描く56p!(この作品はウェブ・マガジン:love jossie vol.26に収録されています。重複購入にご注意ください。)

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持