深夜のコーヒーはブラックで。【分冊版】

  • 七星紗英・安藤まこと

  • エブリスタ

【この作品は同タイトルの分冊版です】突然リストラされた上、彼にも捨てられたすみれ。まるで自分だけが不幸な目に遭っているようで少しだけ自棄になっていたとき、すみれの前にイケメンが舞い降りた! 笑うと端正な顔が急に無邪気な印象になる彼の名は智(さとし)。出会ったその夜ベッドに押し倒したくせに、「…ねえ、いい?」なんて甘えたように許可を求めてくるから、つい「…気持ちよくしてくれるなら」とその背中に手をまわしてしまい!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持