二度めのキス

  • 森下温

  • 講談社

ずるくて、ギリギリで、かぎりなくピュアな10代の恋。 切なすぎる純愛!! 好きで好きでしょうがないのに、どうしていつも、本当のキモチを伝えられないんだろう…。フェラだけでつながってた優雅。付き合ってるけどホンネをいわない樹。どちらも憧(しょう)にとって大切な存在で―!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持