パルス -脈-

  • 庄司陽子

  • 講談社

大都会の真ん中で、愛をなくし人生に絶望した青年がふらりと立ち寄ったバー・パルス。そこには、あたたかな幸せがあった。だが、恐怖もまた息を潜めていたのだ――。赤い灯(ひ)を点(とも)し、さびしい心の持ち主を呼び寄せる、バー・パルスの女主人・カミーラが見せる、甘美な悪夢3編。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持