朝なんて来なかったらいーのに

  • 豆森

  • 笠倉出版社

高校時代の同級生、宮本と同居中の野上。ふたりは一見ただの友人同士だけれど、セックスもするれっきとした恋人同士だ。だらだらと朝起きて歯を磨いて、毎日は滞りなく過ぎてゆくけれど、気づけば少しだけ疲れている。そんな変わりばえのしない日々の中、野上は宮本との馴れ初めをぼんやり思い返す…。じんわりと素肌に染み込むようなお互いの存在が、日常を少しだけ特別にしてくれる。新鋭作家豆森衝撃のデビュー作!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持