欲情マッサージ

  • 金野楓子

  • 笠倉出版社

友恵の店を閉店間際に訪れるのは、高校時代からの友人・幹也。彼の弱音を聞きながらマッサージをしてあげる時間は、友恵にとってちょっとだけ特別な時間。学生の頃から幹也のことが好きだから「友恵だけしかさわってないなあ」なんて言われたらドキドキしちゃう。なのに幹也のあの態度はあの頃と変わりなくて…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持