囚愛の花嫁

  • 井崎たくみ

  • 笠倉出版社

「君は私の妻になり、跡継ぎとなる子を産む。君の役目だ、一億五千万円分のな」妹とともに施設で育った寿々は、施設の人間から身売りするように言われた妹の身代わりとしてホテルの一室を訪れる。そこで出会った男・篁は、妹を守るため彼を誘惑しようとする寿々にある契約を持ちかけた。それは篁と結婚して跡継ぎを産むこと――。寿々の戸惑う気持ちとは裏腹に、男を知らなかった身体は篁の熱を覚えさせられていく。身体を愛撫する指も、与えられる快楽も、ただ"契約"のためのものなのに……。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持