空に続く道

  • 宮城朗子

  • 笠倉出版社

「この子はきっと駿の生まれ変わりなんだ―!」
最愛のひとり息子・駿を亡くし、それが原因で夫とも離婚した持田香穂。
4年経った今でもその傷は癒えることなく、彼女を苦しめていた。
ある日、新しく始めた仕事の派遣先で、高校時代の友人・高橋史也と再会する。
香穂と同じくバツイチだという彼には、亡くなった駿と同い年の息子・亮太がいた。
こんな偶然あるのね…。
そう感じていた彼女だったが、史也が連れてきた亮太は笑顔や仕草が駿とそっくりで―…!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持