冤罪

  • 楠木あると

  • グループH

「この人、痴漢です!」通勤途中の柿山健志(33)はその日、身に覚えのない容疑で、駅員たちに羽交い締めにされてしまう。家庭のある健志はデッチ上げの冤罪だと訴え、テレビで見た対応マニュアルを思い出し…必死の抵抗を試みる。――この国では一言で、一人の男を陥れることができるのだ…。憤慨した健志だったが、自分を犯人呼ばわりする女・佐藤遥(27)の瞳の中に、計らずも15年前のあの事件を見つけるのであった…。冤罪が生んだ負の連鎖は、男と女の運命を動かしていく――

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持