彼と彼らの243分

  • 北畠あけ乃

  • 大洋図書

まもなく14番乗り場のぞみ120号東京行きが発車します。
一度だけ後輩とキスをした。
まっすぐに見つめる瞳、ただの先輩後輩でいるには
意識しすぎて、気づいた時には手遅れだった。
このまま距離は遠くなるはずだった──のに、
発車ベルが鳴る中、見送りに来るはずのなかった後輩が現れて……!?
「上京」「旅行」「出張」同じ電車に乗り合わせた彼と彼ら、それぞれの物語!
【カバー下(2P)を巻末に収録配信!!】

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持