ひとつやね

  • 神楽坂はん子

  • ふゅーじょんぷろだくと

「僕をお父さんと思って甘えていいんだよ。」――絵に描いたような金持ちのドラ息子・賢介の部屋へ派遣されてきたのは、そこはかとない色香漂う、子持ち家政夫・慧(けい)。しっかり者で優しい慧に世話を焼いてもらううち、なんだか悶々とした感情が湧いてきて…。表題シリーズ他、腐れ縁の友人同士、ワガママ作家と担当など、バラエティ溢れる短編を収録。しっとり大人でウィットに富んだ神楽坂はん子の世界。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持