ラブ・ライフ

  • 小椋冬美

  • 集英社

彼は、私の人生で、たったひとりの男──。花村ひと子、35歳。私は今、誰にも言えない人を想い続けている。でも、それでいい。だって彼さえいれば、生きていける。 小椋冬美がいま彩る"究極の愛"のカタチ──。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持