フミキリ、君の手、桜道。

  • 増田里穂

  • 集英社

渥見こはく、中学2年の14歳。彼女は自分の身体が大人になっていくことに戸惑っていた。仲のいい男の子・戸谷に対しても徐々に友達としては見れなくなってきた。「少女」から「大人」へ、彼女が出した答えとは一体…? 誰もが共感する甘酸っぱい青春物語。 【同時収録】サマーカプセル ─キミのヒトミに映るもの─/たとえば、空にクジラが飛んで。/ボーイフレンド

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持