青春1年生

  • 波間信子

  • 講談社

幼なじみの光太郎は奈知にとっては無二の親友。一緒に女の子のスカートまくりをして遊んでいたのに。6年生の時、さよならも言わずいなくなってしまった。そして、高校で再会した光太郎は、背丈も胸の広さも青年になっていた。もう昔のように"男"同士として、遊んではいられないことに気づく奈知。少しずつ成長していく女の子と男の子。相手のことが急にまぶしく見えたとき、それが大人への第一歩。青春1年生なのです!!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持