水色のリボン

  • 石ノ森章太郎

  • 講談社

貧乏な家に育ったるみ子を、ある日本当の父親と名乗る人が迎えに来ました。育ての父は、事情があって金持ちの娘を預かったのだと話しますが、本当は人さらいがるみ子をこの家に隠したのでした。ニセの父親のきつい仕打ちから逃げ出す途中、崖から落ちたところをある家の使用人に助けられますが……。わかば書房発行の単行本版と、「少女クラブ」誌連載版の両方を収録!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持