アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-

  • 三ノ咲コノリ

  • 講談社

今も妖精の存在が信じられている北欧の国・サンバベッジ。ボクが出会った金色の髪に碧眼の少女エイネは、この街の妖精発見人だ。彼女のもとに舞い込む不思議な事件、謎めいた現象。それをエイネがひも解くとき、ボクは目の当たりにする、人と人、そして妖精が織りなす現代の妖精譚をーー。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持