江戸天魔録 春と神

  • 小林ゆき

  • 講談社

少年"神寄(かより)"は、父に嵌められた醜い"首輪"により母を亡くし、鬼子と忌み嫌われてきた。父への復讐を果たすべく徳川吉宗(とくがわ・よしむね)統治下の江戸に入った神寄は突如、"首輪"を狙う異形の妖魔"天一坊(てんいちぼう)"に襲われる。死は不可避と思われた絶望的な状況の中、尋常ならざる強さの狂武士(バーサーカー)"乙春(おばる)"が現れる! 乙春が告げた、神寄と首輪に纏わる衝撃の事実とは!? 魔都・江戸で"春"と"神"が出逢う時、絢爛たる退魔絵巻の幕が開く――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持