ぼくはおとうと

  • 小原愼司

  • 講談社

僕は ときどき 姉さんの首をしめます両親と死別し、二人きりで暮らす姉と弟。二人の日常はごく平凡なものだが、その中にある不安と、焦燥感と、そして確かな変化。小原慎司が静かに描き出す、あやうくも研ぎ澄まされた日常。それは時に切なく、時に叙情的。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持