しおりを探すページたち

  • くもすずめ

  • 一迅社

これは、北の大地で巻き起こる少女たちの群像劇。辻倉ちとせは高校受験を目前に控えた中学3年生。隣町の図書館でバイトをしている、皐冬歌に淡い憧れを抱いていた。しかし、冬歌が図書館のバイトで長期の休みに入ってしまい、唯一の接点を失ったちとせは冬歌への想いを募らせる……「私、あなたのことこんなにも好きだった」憧れを胸に、冬歌を追いかけ同じ高校に合格を果たしたちとせだったが、高校で再会した冬歌はちとせを冷たくあしらって……

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持